「富山県西部森林組合」は砺波、利賀村、五箇山、高岡地区、氷見市の富山県西部の5森林組合の合併により誕生しました。

  お知らせ

富山県西部森林組合とは?

  「富山県西部森林組合」は世界遺産の合掌造り集落を抱える五箇山森林組合や氷見天然ぶりで有名な富山湾に面した氷見市森林組合をはじめとして、利賀村森林組合、高岡地区森林組合、及び砺波森林組合の5組合が平成20年10月1日に合併して誕生した広域圏組合です。

 組合員数は約1万3千人、管内民有林面積は約7万3千haと、県内はもちろん、全国的にも大規模な森林組合となります。

 それぞれの特色を持つ3支所(砺波支所、高岡支所、氷見支所)を本所が統括し、経営基盤を拡充し、県産材を安定供給する体制づくりに努めて参ります。 maincircle

富山県西部森林組合の位置

 富山県西部に位置し、高岡、射水、氷見、砺波、小矢部、南砺の6市を管轄としています。 急峻な山々にかこまれ、深い湾を抱くように平野が広がる、起伏にとんだ地形を持ちます。

map

 

 

 

越中利賀村郷の味 富山県西部森林組合 越中利賀村清流素麺 利賀村そば 山菜加工品 ご購入はこちらから