お知らせ

SDGsの取組み


 富山県西部森林組合は、森林整備や素材生産、オガ粉の製造などの事業活動を通じて持続可能な開発目標「SDGs」の達成に向けた取組を下記のとおり推進します。

 

1 持続可能な森林経営

(1)森林整備の推進

 効率的な森林整備を展開するため、集約化団地に取り組み、路網整備と一体化した間伐等の森林整備を推進しています。

今後さらに大規模な集約化団地の形成に取り組み、生産コストの低減や森林整備の効率化を図ります。

(2)確実な再造林

 スギ花粉症対策の一環として、スギ人工林伐採跡地に優良無花粉スギ「立山 森の輝き」の植栽を森林所有者の負担なしで進めています。

 また、広葉樹更新伐地の確実な更新を図るため、広葉樹植栽も進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 木材の効率的な生産・流通及び加工

(1)木材の地域内利用拡大に向けた生産の拡大

 管内人工林の森林資源の充実を踏まえ、主伐の取組みを進め、素材生産量の増大を図り、森林所有者への還元を増やします。

 合法木材供給事業者及びクリーンウッド法に基づく第1種木材関連事業者に登録しており、今後さらに合法木材の供給と普及を図ります。

 

 

 

 

 

(2)木質バイオマスの供給

 2015年度から県内木質バイオマス発電への本格的供給を開始し、未利用材の利用を進めています。

今後森林整備により発生する未利用材の安定供給を図ります。 

 

 

 

 

 

(3)きのこ栽培への原料加工と供給

 管内に豊富にある広葉樹(ナラ類)資源からきのこ栽培用オガ粉生産に取り組んでおり、今後も需要に対応した生産を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

3 人材の育成

(1)技術者の育成

 各種資格の取得、職員現場研修の取組みを進めています。今後さらに技術者の育成を図るため、「人材育成プログラム」を作成し、より効果的に実施するとともに、訓練棟建設による教育環境の整備を図ります。

 

 

 

 

 

(2)女性プランナーの育成

  現在3名の女性プランナーが活躍していますが、今後さらに育成を進めるとともに、女性が活躍できる職場づくりを進めます。

 

 

 

 

 

 

4 働きやすい環境づくり

(1)ICTの活用

 レーザー計測による森林資源、地形情報の活用を進めており、今後さらにICTを活用したスマート林業の展開を図り、事業の効率化・事業分析等を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)職場環境の整備

 働き方改革認定制度の導入により、働きやすい職場環境を整えるとともに、現場事務所等の設置により、労働安全の向上に取組みます。