お知らせ

「川崎市立日本民家園」において古民家合掌屋根の修繕を行いました。


 9月2日から9月24日にかけて、当組合の茅葺職人が、「川崎市立日本民家園」において古民家合掌屋根の修繕を行いました。数年に一度、富山県南砺市に縁のある園内の古民家合掌屋根の修繕や葺き替え作業の依頼を受けています。

今回は沼口職長率いる若手職人6名での作業となりました。慣れないところでの作業ではありましたが、合掌屋根に上ればさすがは職人で、手慣れた手つきで段取りよく作業を進めていました。

途中、大きな台風の到来もありとても心配をしましたが、事前の準備もあり、特に被害を受けることもなく、当初の工程どおり順調に作業を終えることができました。

ちょっと遠いところなので、職人の負担は大きいのですが、当組合の技術を他県で発揮できたことをとても嬉しく思っています。

 

「川崎市立日本民家園」ホームページより http://www.nihonminkaen.jp/

川崎市立日本民家園は、急速に消滅しつつある古民家を永く将来に残すことを目的に、昭和42年に開園した古民家の野外博物館です。東日本の代表的な民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・高倉・歌舞伎舞台など25件の建物をみることができます。この25件全てが国・県・市の文化財指定を受けており、民家に関する民俗資料なども収蔵し、日本を代表する古民家の野外博物館の一つとなっています。