お知らせ

振興対策協議会第1回幹事会の開催について


 平成28年7月12日(火)、富山県西部森林組合振興対策協議会 第1回幹事会が開催されました。

 午前中は、まず一昨年に完成した貯木場(大鋸屋ストックポイント)において、昨年導入した「ログローダー」と「10t積グラップル付トラック」を視察していただきました。ここでは、ログローダーによる大型トレーラへの積込作業や10tトラックの操作性などを実際に見ていただきました。

 次に、同じく一昨年に完成した「林業専用道 法林寺線」へと移動し、今年度計画されている「林業専用道 法林寺2号線」の概要と、これらの路網を軸として来年3月の設立を計画している「石黒地域森林振興会」の概要と進捗状況について、当組合の得永課長補佐から説明をさせていただきました。

103

 午後からは、場所を富山県西部森林組合の会議室に移し、第1回幹事会が開催されました。開会に先立ち、南砺市ブランド戦略部の芝井次長が「森林振興会を通じて、自分の山の存在に気付かれることは非常に重要である」と開会の挨拶をされました。

 その後、報告事項、協議事項を協議しました。この中で、「県において県産材に関する条例ができる予定であるが、これを契機に、県産材の活用についてこの会を通じて推進できれば」との意見がありました。