お知らせ

砺波林業協会・砺波地区林研グループ合同視察研修報告


 12月9日(水)、砺波林業協会と砺波地区林業研究グループの合同視察研修会が開催され、当組合からは8名の職員が参加しました。今回の視察研修は、本年4月に操業を開始した、「ソヤノウッドパーク」(長野県塩尻市)です。

12.10 018

 ソヤノウッドパークは、施設敷地面積10.45haの超大型木材加工施設であり、主に、カラマツ・アカマツを加工し、年間10万㎥の製材を目指すとのことでした。

12.10 022

 平成29年には、同敷地内にて、バイオマス発電が開始予定であり、木材の「カスケード利用の実現」などの観点から、今後が期待される施設でした。

12.10 040