オガ粉製造施設 (事業紹介)


 平成7年より、富山県内で伐採された未利用広葉樹の有効利用を図るため、きのこ用オガ粉の製造販売を行っています。
 広葉樹にもいろいろな樹種があります。当組合のオガ粉は、菌床きのこ栽培に適した広葉樹(ナラ・クヌギ・クリ)を主原料として製造しており、各メーカーより高い評価を受けています。
 原料である原木は、当組合が施業する森林整備事業で搬出した木材や、協力林業社等が施業された木材が搬入されており、全て合法木材(森林整備計画に適合した施業材)になっています。
 これらの原木を数か月土場に貯蓄した上で製造する様に心掛け、安定した供給を行っています。

shiitake

 

 オガ粉の粒度について、菌床きのこ栽培メーカー様のご要望に応じた粒度のオガ粉を製造しております。粒度は、1mm~5mmの粒状のサイズになります。
 但し、角サイズのチップ状のオガ粉の製造は出来ません。

8mm

10mm


 

富山県西部森林組合 オガ粉工場
〒939-1431 富山県砺波市頼成182番地
TEL:0763-37-0014 FAX:0763-37-0891

>>お問い合わせ


 

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換